誰にも言えない父親の入れ墨

私は、教師です。友達にも言わず、今でも、生徒にも、保護者にも職場の同僚、上司にも言えない秘密があります。言ったらどんな目で見られるのだろう。『変わりないかな。びっくりされるかな。仕事を失ったらどうしよう・・。やっぱりいえません。誰かに行って、すっきりさせたいけれど、私の人生が、狂うことも考えられるので、やっぱり秘密にしておきます。

私の誰にも言えない、言っていない秘密は、父親に入れ墨があることです。今はやりのタトゥーではありません。
上半身いっぱいの入れ墨です。私が生まれた時から父親の入れ墨はありました。
だからなんとも思っていなかったけれど、自分自身が成長するにしたがって、これは、人には言わない方が良いことだと思うようになりました。

小学生の頃、海やプールでは、父親はシャツをきていました。あまり泳がず、私と弟が泳ぐのを見ていました。一緒に遊ぼうといっても、駄目だと言って入りませんでした。ちょっとさみしげでした。今思えば、私の友達や、友達の親にも会うので、シャワーを浴びて着替える事も出来なかったのでしょう。

父は自営業でしたので、旅行にも行かず、母と、私と弟だけを旅行に送り出しました。温泉などに行きたがる母でしたが、父親は行きませんでした。

なぜ、入れ墨をしたのか、聞いてみたかったのですが、聞かずに大きくなったある日、父親のお父さん、私の祖父が亡くなりました。その時、とてもたくさんのお酒を飲んだ父は酔った勢いで、入れ墨の話をしはじめました。父は母子家庭で育ち、祖父が育てたのですが、一時反抗して、ぐれてしまった時期があったのだそうです。その時、入れ墨をしたそうです。
入れ墨をしたことを知った祖父は、叱ることなくただ黙って、涙を流し、そして、一切、入れ墨の事には触れずにすごしてきたそうです。
その時は、なんで、何も言わないんだぐらいにしか思わなかったそうですが、父は、私や、弟が生まれ、自分自身が親になった時、初めて、祖父の気持ちが分かった気がしたそうです。私たちと海やプールで遊べず、とても入れ墨を後悔したのだそうです。酔った勢いの話だったので、その後は、父から入れ墨の話はありません。

私は教員なので、これからも、父の事は内緒にしておきます。私のためでもあるのですが、父が後悔しているのを知っているので、そっとしておいてあげたいという気持ちもあります。
いつか、父が亡くなる頃までには、一度は、腹を割った話をしたいとは思っています。

ほかに人に言えないことと言えば、カードローンをたまに利用していることです。公務員が借金のようなこと・・って言われるのが目に見えているので絶対に誰にも言えません。

公務員はいいね~なんて言われますが、何がいいんだろう??給料がいい??そんなわけ。みんなが思っているよりかはるかに少ないです。なので支払いがどちらかというと多いほうの私は手元には必要最低限のお金しか残らないのです。貯金もやっていきたいのですが、思ったようにできない。。なので車の修理や車検代などまとまったお金が必要な時は、カードローンを利用しています。

一番最初に職場に在籍確認があったとき、もう終わった・・と思ったのですが、全然誰にも借金をしている風な疑問を持たれることもなかったので助かりました。

参考に・・・カードローン公務員

大変有名なセゾンカードは、大至急自分のクレジットカードを持ちたい、なんていう方に受けのいいカードで、貯まったポイントの有効期限がありませんからコツコツとカードを利用してポイントを集めていきたいとしても、絶対におすすめです。
普段通りのお買い物から楽しい海外旅行まで、そのときの状況にあわせ、数多くの場面でスマートにクレジットカードを選んで取り入れる、あなた自身の生活様式に、一番適しているクレジットカードに出会うために、しっかりと比較・検討しておきましょう。
ポイントの還元率1パーセント未満となっているクレジットカードを持つのは何の得にもなりません。その理由は、1パーセントどころか2パーセントや3パーセントものポイントが還元される率をオーバーする魅力的なクレジットカードもかなり珍しいけれど、ほんとに実在するからといえます。
海外旅行保険が備わっているクレジットカードを何枚も一度に備えているケースで何かあったら、ほとんどの場合『怪我死亡・後遺障害』に関する事項は除いて、支給される保険金額は上乗せされる仕組みになっています。
いわゆる通常のカード新規発行と比較して、クレジットカード即日発行のときには、利用制限額が通常より低い状況も少なくないのですが、想定していなかった海外旅行とか出張等で、何よりもカードの発行に一刻を争う場合だととっても好都合です。

カードに自動的に用意されている「自動付帯」がついていないクレジットカードの場合、海外旅行する場合に利用する公共交通機関の料金をクレジットカードを使って済ませたというときに限り、万一のときに海外旅行保険が適用される約束なのです。
詳細なカード情報などのセキュリティに関する信用とか盗難・旅行保険等、まさかの時のために、セキュリティーに関することを配慮したい場合は、信頼感抜群の銀行系のクレジットカードを申し込むのが、間違いなくおすすめと言えます。
カード利用に応じてゲットできるポイントやマイレージなどっていうのは、クレジットカードで支払うことによる非常に大きな特典です。いずれにせよ代金の支払いをするのであれば、お得な高還元率のカードで購入やサービスの申し込みをするのが間違いなくおすすめです。
発行したクレジットカードの種類が別になれば、誕生月にカードを使うとか、提携店で使用することで、いつも以上のボーナスポイントをおまけにくれたり、利用金額のトータルに応じて、例のポイント還元率は上昇するものなのです。
いったいどのくらい信用可能な人物かを申し込まれたクレジットカードの発行会社は、慎重に審査を実施するのです。全く知らない方に対して高額な額を融通できるかどうかということなので、可能な限り確認を行っていることは、すごく当たり前のことだといえるわけです。

実はクレジットとは、「信用」あるいは「信頼」という意味合いがあります。言葉の意味からも分かるように、何かクレジットカードの入会のための審査にパスしたければ、いわゆる「信用力」が肝心なところになることは間違いありません。
どういったクレジットカードが一番適しているのか、どうも謎だと困っているなら、人気の比較サイトのトータルランキングで、人気のカードとして選出されている間違いのないクレジットカードを充分に比較して、考えてみることが必須条件ではないでしょうか?
もしクレジットカードにすでにセットされている海外旅行保険のサービスを使って、海外で治療費についてキャッシュレスサービスを適用したいのであれば、治療の前に、利用しているクレジットカード会社が準備している海外サポートサービスに電話をかけてください。
どこの会社のクレジットカードも使っていただくと、設定されたポイントが付与されるのです。それらのうち、特典も魅力の楽天カードでもらえるポイントなら、楽天市場内におけるショッピングなどの決済の場合に、ポイントで割引することが可能だから、楽天ユーザーにはイチオシのクレジットカードです。
何年か前からインターネット上においては、入会後のサポート内容やおとくなポイント還元率等について、まとめて表示している様々なクレジットカードの比較サイトも作られているようですから、初めての方はそういった比較サイトを上手に活かしていただくというインターネットを使える方ならではのアプローチもあるのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>